<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第3回高蔵寺ホタルまつり 開催決定

第3回 高蔵寺ホタルまつり 開催決定
期日:平成24年6月23日(土) PM5:00~
場所:勝楽山 高蔵寺 (国指定 重要文化財)とその周辺
主催:西根地区振興協議会
    「高蔵寺ホタルの里づくり事業」推進委員会
    「高蔵寺ホタルまつり」実行委員会
平成24年2月29日に第1回三役会が開催され「高蔵寺ホタルまつり」開催が決定いたしました。
詳細は決まり次第ブログで紹介致しますので、楽しみにしてください。
f0228007_2310411.jpg

[PR]
by kozo-hotarunosato | 2012-02-29 23:28 | ホタルまつり開催

磨崖仏(まがいぶつ)

前日(2/17)の朝、西根地区はパウダースノーの雪が降り積もりました。
日中は日差しで溶けてしまいましたが、日陰はまだ雪が積もっているので注意してください。

西根地区の第4行政区に「磨崖仏」があるので、出かけて来ました。
f0228007_12581814.jpg

案内板は見えなくなっていたので、以前訪れた時の記録から記載します。
   磨崖仏について
この磨崖仏は線彫で、像の高さ1メートルの地蔵菩薩像です。剃髪で白毫をつけ、合掌しているお姿です。頭光背は輪形で蓮弁の台座に立っておられます。
また岩肌には、享保十二(約三百年前)丁未 季黄梅日 願主了愚 と三行の刻字があります。
土地の人たちは、地蔵尊が北を向いていることから北向地蔵と呼び、また琵琶地蔵とも呼んでいます。琵琶地蔵については、享保年間この近くに一人の法師が庵を結んで修行し、また琵琶を弾じていたと言い伝えられています。この琵琶法師と願主の了愚が同一人物であるという確証はありませんが、琵琶法師の住んでいた時期と、磨崖仏の制作された時期が同じであることから、願主の了愚と琵琶法師は、同一人物であろうと推測出来ます。
磨崖仏の下の小さな祠に、地蔵尊が祀られていますが、この地蔵尊は琵琶法師の庵の近くにあったものを、移したものだということです。以前この辺りは、馬一頭がようやく通れる位狭い山道の上、一方は沢で通行の難所で往時の人々はこの地蔵尊に、通行の無事を祈願して歩いたと言われています。
                                      平成十四年一月 西根観光協賛会
f0228007_1333335.jpg


[PR]
by kozo-hotarunosato | 2012-02-18 13:04 | ホタルの里案内

小針薬師堂 (こばりやくしどう)

小雪が降る中、自宅から「小針薬師堂」(1254年建立)までウォーキングしてきました。
このコースは角田市のHP
「ウォーキングマップ パートⅠ」の「マイナスイオンいきいき歩ける西根コース」で紹介されています。
かくだウォーキングマップ
 
見所は
 1.せんだんの木(開花が6月中旬)
 2.手代木沼(春は桜、冬は白鳥)
  今は見る事が出来ませんが、夏に日本でここだけ咲いていた内沼和蓮を近くの田圃で育てていて、再び沼一面が蓮の葉に覆われる日が来るよう取り組んでいます。
他に、ほたる祭りの駐車場近くの個人所有の田圃でも見る事が出来ます。

「小針薬師堂」入口
f0228007_1201855.jpg


高蔵寺所有物「木造薬師如来菩薩坐像」で県指定文化財となっています。
f0228007_121784.jpg


[PR]
by kozo-hotarunosato | 2012-02-12 12:02 | ホタルの里案内

雨乞いの山「相善山(そうでんさん)」

今は田圃に必要な水は用水となりましたが、昔は雨が降らないと相善山で雨乞いをしたそうです。

山頂の「子眉嶺(こびみね)神社本殿」があります。
f0228007_15445576.jpg


本殿に向かって左側にある、雷神と天照皇太神宮の石碑
f0228007_15455324.jpg


[PR]
by kozo-hotarunosato | 2012-02-11 15:49 | ホタルの里案内