奥州角田高蔵太鼓(おうしゅうかくだこうぞうだいこ)

 奥州角田高蔵太鼓は、国指定の重要文化財であり宮城県最古の木造建築物である「高蔵寺阿弥陀堂」のある角田市西根の地に、太鼓を通して青少年の健やかな成長と活力のあるふるさとづくりを願う人達によって、平成5年に結成され、今年で17年目になります。その間、多くの皆様に支えられ、力を合わせ練習を重ねて来ました。
 現在、社会人から小学5年生までの15名が、月4回の練習に汗を流しており、各種式典やイベント等に出演し、和太鼓の素晴らしさを多くの方々に伝えたいと思って活動しています。
f0228007_20125413.jpg

[PR]
by kozo-hotarunosato | 2010-06-28 20:14 | ホタルの里案内


<< 高蔵寺のライトアップと竹燈籠 いつも何度でも「千と千尋の神隠し」 >>